【未経験からのプログラマー戦略的転職活動3章】企業があなた(プログラミング初心者)を採用する唯一つの理由

この記事の所要時間: 1044

こんにちは、鉄道男だ。

最近ブログはまってて、1日5時間位かけながらこの記事を書いている。
今はフリー(フリーランスじゃなくて無職)だから毎日書けるけど、仕事をしていたらかなり大変なことだ。

毎日更新できてるブロガーはスゴイっすね。
そういえばツイッターのフォロワーが日に数件ブログ経由で増えてきている。
アウトプットを通じて自分に関心を持ってくれるなんて素晴らしいなぁ。

それじゃ、戦略的転職活動の第2回をはじめよう。
まずは前回の復習から。

  • 転職活動の鍵は面接にあること
  • 面接はフリーファイトじゃなくて、サッカーみたいにルールが決まっていること

上の2つを話した。
面接についてわからないから怖いけど、ちゃんと仕組みがわかればへっちゃらになるんだ。

 

サッカーのルール

面接のルール

面接にもルールがあって、それを逆手に取ることで内定をいくつも取ることができる。
走らない分サッカーより楽なのは間違いないっ!上の画像をみてもラクチンそうでしょう?(笑

 

鉄道男
ところで質問!
なぜ未経験のエンジニアを採用するのでしょうか?

 

少年
空前絶後のITのエンジニアブームだから?

 


でもそれなら実務経験のあるエンジニアを採用するよね
なんで未経験を採用するってのがウルトラ大事だ。第2回スタート!

 

 

企業が未経験エンジニアを採用する唯一つの理由

この記事の目的

未経験エンジニア志望としての自分の立ち位置を客観視すること。
採用する側の視点を手に入れることで、グッとあいてから信頼されやすくなる。

鉄道男
グッとね

 

企業が求める人材は同じ

驚くなかれ。どの企業も求める人材は一緒なのだ。
あなたが企業を選ぶ理由はさまざまでも、企業があなたを選ぶ理由は唯一つだ。

 

どの企業も利益が出せる人がほしい

大手も、ベンチャーも、中小でも同じだ。
企業は自社に利益を出す人がほしい。

少年
ほんとかよー?
鉄道男
少年が社長で、100万の売上を上げる人を20万で雇えたら、採用する?
少年
するっしょ!なるほど…!

専門的な仕事でも同じ考え方だ。
企業は売上を上げて利益を出す営業マンが欲しいし、コストを下げて利益を出す経理マンもほしい。

 

具体的にどんな能力を企業は欲しがるのか?

今回はイメージしやすい新卒採用で考えてみよう。

鉄道男
どんな人が就活強いかな?
少年
コミュ力モンスター!
体育会系の部長!留学して英語がペラペラとか?

 

もう一回、ぼくがうけた20回の面接の質問内容を見てみる。

なんでエンジニア? MVCモデルを説明できる?
作ってみたいある?作った? どんな風に勉強してる?
身近でエンジニアの人はいる? プログラミングをやってみてどう?
エラーをどう解決する? HTML,CSS,Ruby,Railsを説明して
スクール以外でどう勉強をしてる? 普段どう勉強をしてる
前職ではどんなことしてたの? 前職でどんな能力が身についたの?
就活はどんな状況? 趣味は?
自己紹介してください 会社を辞めるとしたらどんな理由?
会社を選ぶ軸は? 上司にどう接している?
将来どんなことしたい? ずっとエンジニア?PM?独立?

プログラミング(専門性)≒学生時代頑張ったこと(ポテンシャル)
コミュニケーション力
企業風土へのマッチ

これはぼくが未経経験のエンジニア中途採用でうけた質問内容だ。
これが実は新卒での質問内容にあてはめることができる。

新卒はみんな実務未経験だから、「学生時代に頑張ったこと」が新しい仕事に対して適性があるかチェックされるんだ。
「プログラミング(専門性)」へ「学生時代頑張ったこと」を代入する。

頑張ったこと(ポテンシャル)しっかりしてて新しい仕事にも適正がある。
周りときちんとコミュニケーションがとれて、会社の雰囲気にもマッチしている人は利益を出せそうだよね。

よし、これでどんな人材が人気があって内定が多いのかわかったね。

 

 

採用の現場で起きること

企業がほしい人材は同じだ。となると利益の出せそうな人材には内定が集まるようになる。
そして人材の取り合いがはじまるのだ。

人材の争奪戦

大手企業やメガベンチャーがたくさんお金つ使って会社を魅力的にみせる。
福利厚生も充実しているし、仕事もスケールが大きくてカッコいい、みんな憧れ。

じゃあ、中小企業やベンチャーはどうするの?
中小企業やベンチャーが大手が見つけられなかったいい人材を探すんだ。

そこで、未経験者の採用が登場する。

少年
おっ、つながってきた

 

未経験のエンジニア採用とは?

ふつうはプログラマーを採用したかったら経験者をとるよね。
でも経験者が採用できなかったらどうする?

少年
そうだなー、自社で未経験から育てるかな

そう、それこそがエンジニア未経験者の採用だ。

 

 

未経験者採用のマーケットとは?

大手企業が見つけきれなかった人材マーケット探した結果、未経験採用がある。
ここで大事なのは、ぼくら(未経験エンジニア)が受ける会社は中小企業やベンチャー企業が多くなるってことだ。

未経験だけどプログラミングやりたいって人と、未経験を育てたいっていう企業がマッチングするわけだ。

 

未経験者採用のレベル感

未経験(初心者)といっても能力は人それぞれ

実務未経験とひとくちに言っても、人によって経験はバラバラ。
本しか読んだことない、簡単なプログラムを作ったことがある、趣味でアプリを作ったなどなど。

プログラミング初心者の中でも自分の立ち位置を知ることが大切。
同じ未経験者採用の中では有利に立てるようにプログラミングをできるようになるのが内定の近道だ。

 

未経験者採用で内定を目指す水準とは?

実務未経験で転職するんだったらトップ企業を狙うべきではない。
メインの求人となる中小企業やベンチャー企業に採用されるのが目指すべき場所だ。
その中で内定をたくさんとって、お金稼ぎながら勉強できる環境を作ろう!

キャリアアップはその後だ。

番外編:鉄道男とプログラミング

鉄道男はThe Begginer(ザ・初心者)だ

若葉マークが似合う鉄道男

プログラミング歴
今までプログラミング経験は全くなし
2017年1月にプログラミングスクールで1ヶ月学習(会社に行きながら)
4月に退職して転職活動しながら別のプログラミングスクールに通う

内定がでるまで約2ヶ月プログラミングを勉強した。
自分がどれぐらいかかるかはプログラミングとの相性によると思う。
それはプログラミングに触れてみないと絶対にわからない。

プログラミングに触らないと適性がわからないのに、一人でプログラミングに触るってかなり難易度高いんだよね。

ネットばかり見てても何が正しいのかわからないし、時間ばかり過ぎていく悪循環。

そういうときは、プログラミングスクールの説明会に行くのがオススメだ。
少数のプログラミングスクールではあるが、実際にスクールのパソコンでプログラミングを組むことができる。
ここでプログラミングについてまず触ってみるべきだ。

実際に鉄道男はプログラミングスクールへ通う前に5件のスクールで話を聞いてきた。
そのときは話を聞くだけかなと思ってたけど、PCを借りてプログラミングを触ることができて思わぬ収穫があった!


話を聞きつつ、プログラミングを触ってみて効率的に進めてきましょう。
説明会に参加しても、しつこい勧誘はもちろんない。タダでサポート受けれるので利用しない手はない。

 

プログラミング練習ができる無料説明会の紹介

 

TECH::CAMP
最初に通ったスクール。教材がめちゃ分かりやすいことで有名。
無料説明会だけど丁寧にプログラミングの組み方を教えてくれた。
関東、中部、近畿、九州のオフィスでオフライン説明会があるので直接行ける人にオススメ。

 

プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

次に紹介するスクールと最後まで迷ったスクール。
無料の体験レッスンは7:00~23:40の間で自由な時間で受講可能できる。
オンラインだから場所に関係なくお試しできる。地方や家から出たくない人にもオススメ。



 

株式会社Dive into Code
鉄道男が今通っているスクール。ぜひ一度説明会にきてほしいと思い紹介。
残念ながらプログラミング実習はないが、仕事やフリーランスについて本音で聞きたいことも話せるのでオススメ。

 

ネットを眺めていても何も変わらない。自分で1次情報をとりにいくしかないのだ。
複数の説明会に参加しながら自分の考えってのを作っていくのが近道だ。

 

まとめ

  • 企業は利益をだせる人がほしい
  • 未経験者とはどういう意味か企業の立場になって考えよう
  • 未経験者OKの企業に内定できるようスキルをあげよう
  • 未経験者の中でも自分がどの位置にいるか考えてみよう
  • プログラミングに触るのは無料説明会を有効活用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です