納得して仕事するなら出世を諦める覚悟を持て

この記事の所要時間: 134

ぼくが鉄道会社を退職しようと思った理由の一つに、
会社のために自分のためを思って仕事に打ち込んでたけど、
誰も本当に会社のために働いてないし、身を削るばかりで自分のためにもらない、
と気づいてしまったからだ。

会社の利益のために努力して、それが評価され、さらに頑張る。
それを正の循環だと思って、仕事をしてきた。
辞めるって決めるまでは、本当にこう思ってた。

僕の会社だと3年目ぐらいから、海外研修(1年間海外の事業所で勤務)に応募できるチャンスがある。
この海外研修は海外駐在を見据えた研修だから、これに選ばれるってことは海外駐在の切符と噂されていた。

そうなるとみんな目の色変えて日々の仕事を頑張るわけだ。
ぼくもこのニンジンにつられて頑張った。

日々の仕事に成果を出すことの延長線上に自分の希望するキャリアと考えた。
会社のため、そして自分のためだと思うと自然と精が出た。

自分の仕事がそれなりに回せるようになったころから、
派遣社員だとか後輩社員も巻き込んで、もっと大人数の仕事の質を高めることに注力した。

若手社員のころから、自分の仕事だけではなく周りの仕事にまで良くしようと意識していた。
その結果視野が広くなると同時に、
「アレ?上司なにやってんの?それ意味ある??」
って気づくことが多くなっていった。

そうなると上司と衝突が多くなる。
この前までハイ!ハイ!しか言わなかった若手が、急に議論をしてくる。
上司から面倒事を増やさないでくれよと伝わってくる。

ぼくは会社の利益と自分の利益が一致したからここまで頑張ってこれたのだが、
とうとうほころびが出てきた。

出世を取るか、自分の納得をとるか。
納得と出世は同じ次元にはいないと気づいたとき、退職を決めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です