【未経験からのプログラマー戦略的転職活動1章】-もくじ(全8章)-

この記事の所要時間: 245

 
ぼくは2017年の4月末に前職を退職した。
4月中旬から未経験からプログラマーへの転職活動をはじめて、5月中旬で活動を終えた。

その結果、1ヶ月で計20回の面接をして、内定を5個を頂きました。
 

この戦略的転職活動では、これから未経験からエンジニアへ転職する人達へ、最小の努力で最大の結果が出るようにロードマップを書きました。

こちらのプロフィール(1.6)にあるようにぼくは一度は全落ちし、フルボッコされるも、そこから内定神の元で修行して、無事に鉄道会社に内定をゲットしました。

 

新卒5つ、中途で5つ内定を取った超実践的テクニックをすべてここに書いてあります。
1章から8章まであり、合計3万字ほどなっているので1時間ぐらい読むのにかかります。すべて無料です。

面接苦手!ESに何書いたらいいかわかんない!って人も理屈がわかればやることはシンプルになります。
 
複数内定を取って幸先のいいエンジニアライフをスタートさせよう!

 

戦略的就職活動とは?
学習、ESや面接の一連の流れを考慮したベストなスケジューリングを組み、
面接の採用基準を分析して最大限の自己PRを行い、
内定を取りまくって、自信の木歴から逆算した一番の就職先を選ぶことがゴールだ。

 

さあ、内定を取りまくろう!

 

戦略的転職活動-もくじ-
(青色のタイトルが各章へのリンクになっています)

1.データ収集

戦略的転職活動の肝は面接にある。面接官との会話、質問、態度のデータから仮説をたてて、どうすれば内定が取れるか実験した。

20回の面接でつかんだ面接の法則

20回,つまり20時間CTOやCEOと話した。ぼくがうけた面接の質問一覧を一挙公開!面接の法則を解き明かそう。

 

2.採用基準を分析する

未経験OKな企業はどんな人材が欲しいのだろうか?

企業があなた(未経験エンジニア)を採用する唯一つの理由

企業はどんな人材が欲しいか、未経験OKな企業はどんな人材が欲しいか解説

企業が未経験のプログラマーに求める3つのスキルとレベル

最低限これだけマスターすれば安定して内定が取れるラインを解説

 

3.転職希望者が取るべき合理的な行動

企業の要求水準はわかった!具体的にぼくらは何をする?

学習、ES(エントリーシート)、面接を踏まえたスケジューリング

内定を1つではなく、3つ頂いて、就職先を選べるようになるスケジューリングを伝授

内定が出る履歴書(エントリーシート)の書き方

最初から最後まで役立つESの書き方!

面接での質問対策と企業研究のやり方

面接中の質問ってどう答えたらいいの?企業研究って何をどんなけやるの?

 

4.内定取得後

内定取れたけど、どうする?就活はおしまいで良いのか?

フリーランスエンジニアになるために入社すべき企業の選定方法

フリーランス目指すになって爆稼ぎするにはどんな会社に入る?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です