【未経験のIT転職活動】社会人インターン面接 業務系プログラミング

この記事の所要時間: 156

未経験からのIT転職活動はテクニックです!
社会人インターンを利用しましょう!インターン後は正社員としての就職も可能です。
今回はWEB系社会人インターンで利用しやすい01インターンの紹介を含め面接を振り返ります。

ちなみに応募したのは、”01インターン”
IT実務未経験でも応募できる!要チェック!
普通は転職活動としては使わないから狙い目だね。
https://01intern.com/

学生向けのインターンを案件が多いけど、社会人インターンもOK。
フルタイムで参加できるなら、学生・社会人でも関係ない。
学生と違い就職活動をないことを考慮したら、社会人の方が部がある。

企業は、せっかく投資をしたインターン生は手放したくない。
だから、社会人インターン生が腰を据えて働く様子をみせれば勝機あり。

さて、今回も代表取締役と小一時間話しました。

企業情報
自社サービス
ベンチャー企業
代表が同い年
リユース業界

4戦目にして、あることに気づいた。
IT企業だとしても、代表がWEBに詳しいかどうかとは分からない。

IT企業で働いた人が独立して、作った会社ならIT業界に詳しいし、
事業が先にあって、後からITが必要になった場合はその逆だ。

今回の場合は後者であった。事情の差別化のためITを導入するようだ。
今回もそうだが、実務未経験に、技術は求めない。

いつもながら次の3点を重点的に聞かれた。
なぜプログラミングを学ぼうと思ったのか?
プログラミングで何をしたいのか?
どんな基準で企業を選んでるのか?

 

採用者はうちの会社でちゃんと頑張れんか??を確認している。
相手は技術を見てない。ガッツがあるところを見ている。
特にベンチャーは。

面接される側として大切なのは、技術がないのを心配して縮こまるな。
技術がなくて控えめになるのが、必要以上に自分を小さく見せる。

ベンチャーなんて明日がどうなるかわからない!と社長も言ってたw
だからそれを理由を控えめなことを言っても、理由にならないのだ。

実はこのこと面接を終わってこのことに気づいた。
次のエンジニア面談でいかそうと思う。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です