文系卒プログラマーがIT業界未経験者にオススメする登録すべきエージェント5選

この記事の所要時間: 758

こんにちは、文系卒エンジニアのいたるです。

僕は新卒で入社した会社を3年で辞め、その後プログラマーに就職しました。周りからはせっかく鉄道会社にいたのにもったいないと言われましたが。

だけど僕からすると、スキルがつかない状態で貴重な20代を過ごしてしまう方が恐ろしかったんですね

長生きするのはいいけどどうやって食べていくの?クビにならないかもしれないけど、給料上がらなかったら仕事しててもつらいだけじゃん。

プログラマーは手に職を身につけるだけでなく、2〜3年の実務経験でフリーランスになり年収800万以上の高収入が可能です。さらに高収入だけでなくリモートワークや週2、週3勤務といった柔軟な働き方ができる今最もコスパの良い職業です。

「フリーランスエンジニア」という働き方のコスパの良さに気づかれたIT業界未経験者に、まずはエンジニアとして経験を得るためにオススメの転職エージェントを紹介します。

フリーランスエンジニアとして活躍するには技術力が必要、ならその技術力を短期間で身につけられる会社選びこそが良い転職ですよね。そのためのオススメのエージェントを紹介します。

下積み期間に3年かかると思って、2年でフリーランスになったら差額で何百万と違いますからね。どの会社で入るかってのはけっこう大切。

正社員エンジニアを選ぶ理由

エンジニアだと派遣社員がのほうがコスパいいという話もありますよね。しかし次の理由で未経験者には正社員エンジニアをオススメしております。

理由:正社員への投資

未経験で入社すると最初は何も仕事ができなそうですよね。当たり前です。企業もわかってて採用していますから。

正社員はあなたが実力をつけた後に会社が見返りを得るシステムなので未経験に即戦力求めいません。

つまりあなたの今のスキル不足を心配しなくても大丈夫です。実際にIT業界完全未経験者でも3ヶ月の研修など用意されていますからね。

採用面では、現時点では手の届かない企業にも採用される可能性が高まります。あなたのやる気やポテンシャル面などの伸びしろも評価ポイントになるからです。

オススメITエンジニア転職エージェント会社TOP5

それでは、オススメの正社員エージェントに移りましょう。これらをフル活用して転職を成功させましょう。

No1. WORKPORT

WORKPORTは、ITに特化した転職エージェントとして、規模的には最大手に位置します。他社よりもIT系求人の獲得ができていることもあり、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡と規模を拡大している勢いのあるエージェントです。

ぼくがエンジニアになりたいと考えた時、周りから評判がいいと聞いていまっさきにWORKPORTに相談しました。

まだエンジニアという仕事について詳しくなかったので、「そもそもエンジニアの仕事とは?」「どんな人があっているのか?」「フリーランスエンジニアはどうか?」などざっくばらんにお話しました。

コンサルタントからは、「まずプログラミングは適不適があるから実際に触ってみたほうがいい。」「転職するにも何らかの作品を作ったほうがいい」という、転職活動を終えた今だからこそ分かる至極まっとうなアドバイスを頂きました。

さらにWORKPORTでは履歴書(スキルシート)の添削から、面接対策まで、丁寧なサービスを行ってくれます。

転職コンサルタントをこの会社では、「転職コンシェルジェ」と呼ぶだけありますね。

また、僕の頃にはなかったのですが、20代限定・学歴不問で、学習から就業までを完全無料でフルサポートサービスがあります

無料エンジニアスクールの流れ
①WEBでお申込み
②説明会参加
③研修開始(1ヵ月間)
④キャリアカウンセリング(自己分析、面接対策、企業紹介)
⑤選考
⑥内定

未経験からのIT転職相談〜学習〜就業をフルサポートしているWORKPORTはオススメNO.1ですね。

No2. ギークリー

株式会社ギークリー

業界未経験からでも経験問わず、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を志望する方に広く門戸が開かれています。

注目は求人数では大手に劣らない数を保有しつつも少数精鋭のエージェントを揃えているところです。希望者に最適な提案をできるのがギークリーの魅力ですね。

ぼくが面談にいったときは同じぐらいの年齢の元プログラマーの転職コンサルトの方から親身に話を聞いてもらえました。「エンジニアになって大変だったこと?」「なんでエンジニアからコンサルトへ転職したのか?」などこちらから踏み込んだ質問しても嫌な顔をせず、非常に相談しやすい人柄でした。

株式会社ギークリーでは面談者の経歴に沿って、相性の良い担当エージェントがつくようで、IT業界未経験者のみならず経験者でも安心して相談することが可能できるように配慮されいるようです。

残念なことに、対応地域が東京・神奈川・埼玉・千葉の限られていますが、関東にお住まいの方は是非一度面談してみるのをオススメします。

No3. マイナビエージェント×IT


マイナビエージェント×IT

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビの転職エージェントがマイナビエージェント×ITになります。IT業界はエージェントにも専門知識が求められるため、IT業界へ専門コンサルとを立て注力しつつ、マイナビの持つネットワークを活かしたサービスを展開しています

案件数については、WORKPORT,株式会社ギークリーでも豊富なのですが、登録してわかったのは、最大手は今までに見たことがない求人があるわ、あるわ。有料案件を探すにはある程度数をこなして企業を見る目を養う必要があるので、確実に押さえておきたいエージェントの一つです

案件の検索にプログラミング言語での絞込もありますので、膨大な量の案件から優良案件を効率的に探せます。ストレスなくシステムを使えるのはマイナビエージェント×ITの魅力的ですね。

No4. DODA

DODAが取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。

DODAですが、専任の転職コンサルトから非公開求人をうけてみないかとプッシュがちょくちょくきます。

「この企業はスキル的に難しいんじゃないの〜」と思っても意外と選考に通過してびっくりしました。大手企業にも関わらず、非公開求人の企業と転職希望者のマッチング力が高いです。さすが業界に精通しているだけはありますね。

また面談は直接訪問せず、電話でもOKです。痒いところにもてが届きつつ、スピーディさがDODAは持つのが強みですね。

No5. リクナビNEXT

リクナビNEXTは、人材業界の雄であるリクナビの転職サイトにです。転職サイトなので、転職エージェントとは異なり転職コンサルタントがついたりはしません。

特筆すべきは、グッドポイント診断という自己分析サポートサービスがリクナビNEXTに登録した人限定でうけれることです。

自己分析を転職の面接で伝える必要があるのですが、1からやるとなかなか骨が折れます。自分のことって逆に説明しづらいですよね。

このグッドポイント診断を使って、自己分析を8割終わらし、残りは自分のしゃべりやすい言葉でいいかえれば即で面接の準備ができますね。

リクナビNEXTは転職サイトとしても圧倒的な求人数があり、オススメなのですが、今回は「エージェント」ということもあり、グッドポイント診断の紹介もかねて5位にしました。

とりあえず登録するのも手

いざ転職される方は、とりあえず登録してみるぐらいのスタンスでいいと思います。そもそもエンジニアという仕事はどんな仕事か一度エージェントに相談してみようぐらいの気持ちでも全然OKです。

ぼくは周りに相談できる人がいなかったので、エージェントにフリーランスエンジニアについて質問していました。

今思うと、聞く相手を間違っていたなと思いますが、転職エージェントだからと気構えせずになんでも質問してみる姿勢が業界未経験者には大切だと思います。

すべて無料なので相談した上で判断するのも問題ないですし。

個人的には、親身な態度、経験の豊富、スキルアップフォローなどの特典の面で信頼できる「WORKPORT」と、「株式会社ギークリー」は確実に押さえておきたいところですね。

あまり公には言えませんが、上記のエージェントで丁寧なフォローをうけた上で、超大手サイトである「マイナビエージェント×IT
」や「DODA」で登録すれば、有力企業就職できる可能性もグッとあがりますね。いいとこどりです。

経験上、3つくらいは登録しておくと満足度の高い転職活動ができると思います。

さいごに:転職は時間が勝負

エンジニアへの転職は早ければ早いほうがいい、若ければ若いほうがいい。今だと20代後半までぐらいならば企業側も早期育成枠として、今のスキルが物足らなくても、ウチで育ててやるって会社もあります。

しかしエンジニアのコスパの良さに気づいて転職する人が増えているので、いつまでもこんなチャンスは続きません。

20代は迷ってるならいますぐ行動すべし。今を逃すと、こんなにも恵まれた機会は2度ときません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です