アルバイトの面接 1社目 医療・健康系ベンチャー

この記事の所要時間: 223

4月7日WEBエンジニアの実務経験を積むことを目的として、
プログラマー採用のベンチャー企業をうけてきました。

別にベンチャー企業に絞っていたわけでなく、
たまたまスクリーニングした結果希望に合う企業がベンチャーでした。

ちなみにスクリーニングの基準は以下の通り。

  • 未経験でも受け入れ可能か
  • RUBYやPHPといった開発言語を扱えるか
  • プログラマーとして採用してもらえるか
  • 社内教育はあるか
  • 通勤が30分以内か

需要のある言語でプログラマーとしての採用が基準です。
その分、お金、人間関係、雇用形態、とかはあまり気にせず。

これは新卒の就職活動と大きく違う点です。
僕は文系卒の総合職だったので、個人のスキルではなく、
入社する会社の規模、業界などを重視して就職活動すすめてました。

この点が新卒の就職活動と今の転職活動の視点の大きな違いです。

 

面接を受け終えましたので面接の詳細は続けます!
——————————————————
時間:1時間
相手:社長
内容:自分の経歴についての質問、逆質問
(履歴書を元にいろいろ突っ込んでくる)
なぜ会社を辞めたのか?なぜプログラマー?どうなりたいのか?
——————————————————-

新卒時は大企業しか受けてなかったのです。
なのでいきなり社長、それもバイトの面接での登場は驚きました。

面接自体はフランクで
なぜ会社を辞めたのか?なぜプログラマー?どうなりたいのか?」
を聞きたいようでした。あとは、人間性の確認ですね。

バイトの面接で何でこんなにちゃんとしている面接かというと、
プログラミング教育をするための投資を企業が行うからです。

エンジニアは転職が容易なので、
企業が人に投資してもちゃんとリターンがとれるかの確認ですね。

ちなみに、どうなりたいのか?という質問に対しては、

////////////////////////////////////////////////////////////////////
正直まだ分からない。
プログラミングが単にできる人だけにはとどまりたくない。
エンジニアの人と交流して具体例を見てから決めると答えました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////

この回答はいいか悪いか別にして、正直な気持ちでした。
新卒だったら、生涯奉公します!ぐらい言ってただろうけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です